地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

秋芳洞



本部近くにある美祢市秋芳町の鍾乳洞「秋芳洞(あきよしどう)」を探検してきました!

秋芳洞は秋吉台の地下100メートル、東洋一の大鍾乳洞!昭和天皇が皇太子の御時、本洞の名前をおつけになられたそうです。洞内は温度が四季を通じて17℃で、夏涼しく、冬あたたかいのが特長…。ん?えっと…どこかで聞いたことのあるフレーズ…。

そうです!弊社の地中熱利用「GEOパワーシステム」もこの原理を応用しているんです。井戸水が夏冷たく、冬あたたかく感じるのと同じですね。

ひんやりとした冷気漂う杉木立を通り抜けるとそこが入り口。
下の写真が鍾乳洞入り口です。

秋芳洞入り口

この日は夜に「秋吉台野火の祭典」も開催ということもあり、多くの観光客でにぎわっていました。今度は洞内より撮影。テンションが上がります!

鍾乳洞の中から撮影

洞内の観光コースは約1kmで、日ごろ運動をしない私にとってはちょうどいい散歩コースになりました。

下の写真は、時間が凍結したような不思議な自然の造形「百枚皿」!

百枚皿

時間の経過が物語る造形の数々に終始見とれて、まさに「天然の美術館」といった感じでした。

秋芳洞

これにあわせて弊社トップページの写真もリニューアル!!

GEOパワーシステムトップページ

GEOパワーシステムトップページはこちらから
http://www.geo-power.co.jp/

参考URL:秋吉台・秋芳洞観光サイト「カルストドットコム」

カルストバナー







次の記事:

前の記事: