【解説】
1:外気温度に対して、温度変化の少ない地中温度との差をご覧ください。
2:春や秋(中間期)は、外気温度が昼夜で大きく寒暖差があるのに対して、地中温度はほぼ一定な数値で安定しています。
3:深夜電力等で補助熱源を稼働させることで、グリ石蓄熱層に蓄熱(蓄冷)し、室内への供給温度を安定させることが出来ます。
(※建物の性能、利用状況、利用条件、気候条件などにより異なります)


測定場所:ジオパワーシステム本部(山口県美祢市)

TOPページへ戻る


Tweet