地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

パッシブ



 皆様ご存知のことと思いますが、今回は環境問題の重要キーワード「パッシブ」という言葉についてクローズアップしてみようと思います。
 パッシブとは「能動的」な「アクティブ」に対して「受動的」という意味で、自然の力をそのまま利用する手法です。「パッシブ建築」「パッシブソーラーシステム」など、建築業界でも環境問題(エコ住宅・エコ建築)を考える上で「パッシブ」が重要なポイントになっています。
 GEOパワーシステムは地中熱利用システムの中でも世界でひとつの「パッシブ技術」を利用した地中熱利用システムとして注目されております。「地下5m」の夏涼しく冬ほんのり暖かい地中熱をそのまま利用。これだけではありません。「夏場は夜間冷気を取り入れる」「冬場は日中の日射熱を取りこむ」など様々なところでパッシブなのです。これからの住まいのキーワード「パッシブ」を理解し、日本古来から続いてきた四季を楽しむ暮らしを始めてみませんか?

パッシブ地中熱

アクティブ地中熱利用システムが水や不凍液などの冷媒を循環させて熱交換しているのに対し、パッシブ地中熱は空気で熱交換。尚、アクティブ地中熱利用システムに比べ、
パッシブ地中熱は、消費電力が少ない、導入費(イニシャルコスト)が安価(施工も簡単)などのメリットがあります。

このパッシブ地中熱とアクティブ地中熱の比較図は雑誌「建築知識」2008年6月号にも掲載されています。







次の記事:

前の記事: