地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

とても開放的で居心地の良い空間ができました。


山口県 O様

ジオパワーシステムを導入したきっかけは?

内観国道をドライブ中、「地熱の家」の看板を見て、「地熱」「地下室」というキーワードに興味を持ったのが最初です。インターネットで検索してトーコーハウスのホームページにたどり着き、「夏涼しく、冬あたたかい、省エネシステム」ということで惹かれていったのを覚えています。その後、トーコーハウス主催の山口での構造見学会に参加し、夏場、展示場で地熱の家の体感をしました。そのときはエアコンがついてないのにひんやりして気持ちがいい家だなぁと感じました。「地球にやさしく、建物にやさしく、人にもやさしい家」が建てたかった私の考えにちょうどぴったりの家でした。

以前の暮らしと比べて、地熱の家の住み心地はどうですか?

外観以前のマンションに住んでいたときに比べ、今は広さが倍近くあるのですが、ジオパワーシステムのおかげでとても快適に暮らしています。冬は床が冷たくないのがいいですね。朝も底冷えしないので、さっと行動できます。以前のマンション暮らしでは、冬の朝はとても寒く、何をするにも動くのが億劫でした。現在は、特別寒い日にセラミックヒーターをつけるぐらいですね。後、薪の暖炉を利用するとさらに暖かくていいですね。炎を眺めているととてもあたたかくなるんです。
 一方、夏は、我が家が完成して間もない頃のお話ですが、その日は夏の太陽が照りつける八月で、外はかなり暑く「シャッターの閉まっている新築の家に入ったら、どんなに熱いだろう…」と思っていました。玄関の鍵を開けて中に入ってみると…、なんと、涼しい!びっくりしました。エアコンをつけていないのにとても気持ち良かったんですよ。GEOの操作パネルの温度表示部を見ると、外気温が31℃で、室内温は25℃だったんですよ!2階にも上がってみましたが、暑くなく本当にびっくりし、とても嬉しかったのを覚えています。また、猛暑の時でもエアコンはほとんどつけていないですよ。お客様も「クーラーじゃないのに、この風は涼しく気持ちいいね」と言ってくれています。新築を検討している方は、ジオパワーシステムは必ず付けたほうがいいと思います。

光熱費についてではどうですか?

内観5.7キロワットの太陽光発電システムを設置しており、これの売電額が結構あることと、GEOでエアコンをなるべく利用しない暮らしにより、毎月の電気代はマイナスになっています。太陽光発電の売電額は月で七千円~一万五千円ぐらいあります。月々の電気の使用量はその売電額内に収まっております。

健康面で変化はありましたか?

ジオパワーシステムについては「地球のエネルギーをいただいている」という感じで、とても体が健康になります。特にクーラーが嫌いで、エアコンをつけると頭がいたくなったりしていたのですが、今はそれがありません。ジオパワーシステムはエアコンのような不自然さではなく、自然な風なので心地いいです。以前は腸の調子が悪かったのですが、空気と水を良くしたことにより、調子が良くなったんですよ。以前と違い、体を壊したり、風邪をひくこともなくなりました。

地熱の家・お施主様DATA
GEOのタイプ 快適性プラス型(EHPタイプ)
家族構成 夫婦2人
お引渡し 平成21年9月
施工店 トーコーハウス
会報誌「大地の風」 312号に掲載







次の記事:

前の記事:


Page-Load: 0.167sec

住まい手の方から
よく寄せられるご感想