地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

開発者ブログ

2011年9月13日

中秋の名月

寺山に かかる満月
光々(こうこう)と
遠くに巣立てし
我が子又見ん

橋本 春子 作

これは小生が24~25歳の頃、母からの手紙の中にあった短歌である。
当時の船員は手紙・差し入れが一番の楽しみだった。40年以上も前のことである。

母は現在、93歳で健在だ。
久しぶりにゆっくりと中秋の名月を我が家で眺めていたらこの短歌を思い出した。
我が生家からお寺の山が見える様子を見て書いたのであろう。

先日、久しぶりに会ったが、いつまでも子供のことを心配していてくれる。
もう小生も68歳、親孝行は何一つしてないが元気で頑張ることが親孝行だろう。
さて、童心に帰って目的の達成に全力をそそぎたい。
気力を充分に持ちながら…。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:未分類,船乗り時代  @ 3:38 PM 

2011年9月6日

カレーライスで、してやったり

カレーライス

年のせいだろうか。腰痛になる頻度が増している。
若い頃は5年に一度くらいだったが、最近は2年に一度くらいになっている。気合いの問題もあるだろうが…。

その時にお世話になるのがレトルトのカレーである。
カレーライスといえば思い出すのが、船乗り時代の大分のK・Kさん。スペイン領のカナリヤ諸島での長期航海時、カレーライスの好きな小生は喜んで食べていたが、K・Kさんは「橋本、お前は大衆向きやのう、俺はそんな簡単なのが大嫌い」と皆の前で言われた。

何くそと負けん気が出てカレーが出た日は必ず「Kさんはカレーが嫌いですよね」と念を押し、一年間食べさせなかった。

日本に帰港時、K・Kさんの奥さんに皆の前でわざと「Kさんはカレーが大嫌いですよね」といじわる質問、奥さんいわく「主人はカレーは大好きですよ」とのこと。
Kさん、皆の前で顔真っ赤、小生、してやったり。
せめてもの抵抗でほほ笑んだときでもあった。

意地の悪い負けず嫌いな小生であったことを思い出した。改めて川野清隆さんごめんなさい。
別世界で頑張っています。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:未分類,船乗り時代  @ 5:27 PM 

2011年7月15日

夏は暑い!!

「暑い、暑いけど夏は大好きよ!!」

約半世紀以上前の小学校の学芸会で、1才上の女の子のセリフ。

今でもはっきり頭の中に残っている…。

まあ、とにかく埼玉は暑い!
反面、我々のシステムにとってはチャンスでもある。
そして世に広まる時でもある。
昨日も雑誌、テレビ、外国(ドイツ)メディアの取材があった。

うれしいことだが、頭の中はてんてこ舞い。
幸せを運ぶキューピットとして、
若干年は取っているが、考え方は若者である。(?)

エネルギーのピークシフトの出来るジオパワー。
安い夜間電力を使い、床下の石にエネルギーを蓄えて、ピーク時に使う、
簡単なことだが、これで地球は救われる。

原発は賛否両論あろうが、自然が一番。
大好きな夏を乗り切るため、ジオパワー号は今日も走り続ける。
人類の幸せのため、そして地球を守るため。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム,未分類  @ 6:54 PM 

2011年5月9日

夏場のエネルギー対策

皆さーん、電気は余ってますよー!

夏場のピークに電気が足りないのです。ピークに足りない主な理由は、エアコンの使用です。電気を蓄えることは難しいです。蓄熱システムは開発されているが、まだまだ高価なのが現状です。

夜間冷気、安い深夜電気をエネルギーに変えて、足元に敷き詰めた石に畜冷しておけば、有効に使えます。
発電、発電も結構ですが、省エネ、節エネに頭を切り替え、自然の力を利用して健康になろうじゃないですか。足元にある不変の地下5mの地中熱で、すべて解決します。

ジオパワーシステムの原理

【ジオパワーシステムの原理】
半無限状に広がる大地は、巨大な蓄熱層となって、地中温度は外気にあまり影響されず、1年中安定しています。そしてこの地中温度は、地表の気温の周期変化に対してかなり位相差(時間的なズレ)が生じており、夏は冷たく冬は温かいという現象が起きています。また、地上では日射による太陽熱やどの影響を受けた外気熱、家電製品や人体などから発する発生熱などは存在します。『GEOパワーシステム』は、地下に眠る夏の冷気や冬の暖気を取り入れ、太陽熱や発生熱を吸入・排出・遮熱しながら、それぞれの季節にあわせて効率よく利用しているのです。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2011年5月6日

なるべくエアコンに頼らない暮らし

弊社の地中熱利用システム「ジオパワーシステム」は、開発当初より、「健康室温曲線」(下グラフ)を目指していた。

健康室温曲線
開発当初は、エアコンと比較され問題外であったが、現在では、我々のシステムが見直されつつある。文明の力であるエアコンに逆らうつもりはないが、必ずこういう時期が来ると信じていた。地中熱を主とした自然エネルギー利用で「なるべくエアコンに頼らない暮らし」が実現できるのである。

そうなれば夏・冬の対策のピーク時の電力消費を極力抑え、深夜電力で電気をエネルギーに変えて、夏は蓄冷、冬は蓄熱しておいて、必要時使用すれば、ピークシフトができる。要するに電気は余っている。ピーク時に足らないのである。

足らないから発電云々というのではなく、電源のベストミックスこそが、21世紀のエネルギー革命ではないでしょうか。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2011年5月2日

夢の扉+の放送を終えて

夢の扉+(プラス)ををご覧いただきありがとうございます。
我々の夢の扉が開かれたように思います。

弊社の地中熱利用システムを使っていただいた人の喜ぶ姿や言動が、我々の喜びであり、幸せです。自然エネルギーで世界中に「幸せ」を運びたいと思います。

夢の扉+

同システムは、誰でも平等に与えられる自然エネルギーの「地中熱」を有効に使いながら、誰もが幸せになっていただくために開発しました。少しの我慢と工夫、これこそが幸せの原点だと思っています。

これからも研究開発に全力を注ぐつもりです。
ありがとうございました。

橋本 東光



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:メディア紹介,地中熱利用システム,未分類  @ 2:25 PM 

2011年4月28日

夢の扉+(プラス)

憧れのテレビ番組「夢の扉+」の出演が決まってから、
強行スケジュール取材で、丸2週間があっという間に過ぎた。

夢の扉プラス取材

自分の中での当面の目標がこの番組への出演であった。
終わってみれば本当にあっという間だった。

先日の私のブログにも書いていますが、この地中熱利用換気システムが国内で使用が義務化されれば、電気事情は「民生部門」においては解決できるシステムである。同システムは夏のピークカットや、ピークシフトの切り札とも言えるだろう。

5月1日(日曜日)の午後18:30から「夢の扉+」(TBS)をじっくりご覧下さい。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/

多少体が十分ではないが、全ての人に元気と笑顔を与えたい。
私自身も元気を出して世のため人のために頑張り続けます。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2011年3月18日

自然の災害は自然で癒す(地球で住まいを冷暖房)

以前から全国の自治体に「災害時避難場所での空調問題」について提案してきた。
しかし、今回の地震は今までと格段の差がある被害である。
またこのような災害が、寒い時期または暑い時期の場合なおさら大変な事態となる。
エアコンは電力消費が多いので使えない…または電源がないという際に、自然エネルギーを上手に利用できる我々の地中熱利用換気システムは活躍できる。

例えば、体育館に5セット設置したとして、1kwもあれば事足りる。また、電源がなくとも非常用の発電機で対応できる。我々のシステムは冬は比較的暖かい地中熱と発生熱をうまく床下の石に蓄熱させ、明け方の冷え込みを緩和する。一方、夏は夜間の冷気を蓄冷することができる。エアコンほど威力はないが、充分に寒さ・暑さはしのげる換気システムである。それと同時に室内の空気浄化も加味される。商売気を出すわけではないが、全国の自治体に義務付ければ、災害時等のいろんなケースでお手伝いができるはずである。

とにかく、一人でも多くの人が健康でいられるように遠い山口より願う今日この頃である。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム,未分類  @ 5:20 PM 

2011年3月15日

鯨の肉に思う

先日、鯨の肉を食べた。
昔は当たり前だったが、今は高級品である。

鯨肉で若かりし頃を思い出した。
小生は18才より3年半、捕鯨船に乗船していた。南氷洋、北洋捕鯨と、内地操業があった。南氷洋2回、北洋1回で、あとは成績が悪かったので内地操業だった。

食事の時の話で岩手・宮城の話を懐かしがって話していたが、その次の日、あのような大地震が起こるとは夢にも思わなかった。

18才から20才くらいは宮城県の女川、鮎川、石巻等が基地となり、捕鯨に携っていた。懐かしいが、このような惨事、何と言っていいやら…。小生を知っている人もいるだろうが、半世紀前のことである。年老いておられ、無事だろうか。地域によっては壊滅状態である。あの地域は一つの町から隣まで山越えが多かった様に思われる。

手伝うこともできず、ただ呆然と見守るだけである。
少しでも被害が少なく、復旧も早く出来るよう、微力ながら協力させてもらいたいものである。
あの懐かしい港町の美しさを思い浮かべながら。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:未分類,船乗り時代  @ 4:09 PM 

2011年3月1日

新しい東光会

先週日曜日、トーコーハウスの協力会の新年会が開催された。
発足以来毎年行っているが、今回は会長さんが新たに選出された。

今までの会長さんのおかげで長年続けられてきた協力会であるが、毎回趣向を凝らしたイベントも開催されている。小生前々から、元請け、下請けの関係でなく、お互いが協力し合って、本当の意味でのお客様にいい家、一生の買い物を一刀入魂で完成させ引き渡してもらい、それからトーコーハウスとの付き合いを始めるために頑張っていきたいと考えていた。
我が社も若い社長、協力会も若い会長、毎日毎日いろいろな意味で地域になくてはならない、必要な業者である為のお客様本位のイベントを考えて実行してもらいたいと願った日でもあった。発足から30年、地域になくてはならない東光会であってほしいし、そうあるべきだと思う。

「温故知新」を忘れず頑張ってもらいたい。
輝かしい朝日のごとくの東光会のため、地域のために!!



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:仕事,未分類  @ 3:55 PM 

« 前ページへ次ページへ »



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。