地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

開発者ブログ

2010年8月7日

熱中症予防は自然の力で

今年も猛暑がやって来た。予想では今年は冷夏だったはず。
30℃を越えるとさすがに暑い。ましてや35℃を過ぎるとやり場がない。こうなるとエアコンに頼るのもわからないでもない。しかし良く考えてみると、暑いからエアコンではたしていいのだろうか。冷気を作ると室外へはその熱量分だけ熱気を放出してヒートアイランドの原因の1つにもなる。

これを解決する方法はないのだろうかと考えて作ったのが地中熱を基本とした自然エネルギー換気システムである。地中にある夏の冷気と冬の暖気を有効に利用して、建物の基礎空調を行うシステムである。35℃の外気を20℃には出来ないが、24℃~25℃位には出来る。建物の日射等を考えても、政府奨励温度の28℃位には保てる。3年前にヨーロッパで発生した45℃を越える熱波、エアコンのない地域では熱中症により死者が続出したことも記憶に新しい。今年もモスクワは連日35℃を越える熱波だという。

自然エネルギーのこの地中熱利用換気システムは世界中に使用できるし、世界標準システムにもなりうる。「太陽」と「地盤」と「温度差」があれば、世界中で使える平等の地産地消エネルギーである。世界はさておいて日本での普及を目指して日夜ジオパワーシステムは奮闘中である。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2010年7月15日

すべては太陽から始まる

太陽エネルギーとは本当にすごいものであるとつくづく思う。

太陽が地上に降り注ぎ、発電やお湯を沸かしているのは周知の通りであるが、それは太陽エネルギーを「直接利用」しているのである。我々が開発したジオパワーシステムも実は太陽エネルギーによるものであることをご存知だろうか。

太陽エネルギーの直接利用と間接利用

太陽の降り注ぐエネルギーは地球上の地盤に少しずつ蓄積され地下約5mに達するのに半年くらいかかる。つまり、地下約5mの地点では、夏の暑さを冬に利用でき、冬の寒さを夏に利用できるのである。これがジオパワーシステムの太陽エネルギー利用、すなわち、太陽エネルギーの「間接利用」である。

発想の原点は、「夏の暑さを寒い冬に、冬の寒さを夏に持っていければ快適に過ごせるのに…」という都合のいい子どもの発想からだった。私たちのシステムは太陽と地盤と、温度差(日差、年差)があれば、世界中どこでも、誰でも利用できる平等の自然エネルギーである。このシステムを世界に先駆けて具現化できたことが何よりの喜びであり、今後もさらに「家族の幸せ」を追求していく企業でありたい。「粒は細かいがピリリと辛い」山椒のような企業に。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2010年6月15日

グランドキャニオンを目指して

私の若いときからの口グセは「日本で通用すれば富士山に、世界で通用すればグランドキャニオンに登る」だった。あの当時は目的が漠然としていて、そう豪語していた。

グランドキャニオンイメージ

亡くなった女房は「あなたは何を言い出すか分からないけど、不思議な人やねぇ…。あなたの言うことは10年経ったらその様になるちゃあねぇー。」とよく、言っていたのを思い出す。
船乗りを30歳でやめ、鉄工業で起業し、独自の軽量鉄骨工法「SST工法」を開発。SはStone(ぐり石=環境)、次のSはSteel(鉄=安全)、そしてTはTimber(木=健康)であり、最初の「S」がジオパワーシステムに進化した。
開発当時は「これを世の中に広めれば、グランドキャニオンの頂上で小便する」と宣言し、周りの者は口をそろえて「何をまた馬鹿なことを…」と言っていた。
しかし、にわかに脚光を浴びながら、このシステムは世界に通用するシステムになりつつある。今、世界中から引き合いが来ている。太陽と地盤と温度差があれば世界中どこでも使える、つまり「エネルギーの地産地消」だ。

我がシステムは幸せを育む家造りの原点。より多くの方に家を建てて健康になってほしいと願う。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:家づくり,未分類  @ 4:33 PM 



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。