地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

開発者ブログ

2018年12月3日

なつかしいお客様

久しぶりに会員さんのデータを見ていると三重県の会社に目が行った。
このH建設のご夫婦の姿が頭をよぎった。
山口県の本社へ来られた時、私が対応した。
ご主人はこれまでは土木工事を請け負っておられ、
これをもとに独立しようかとの相談であった。
しかし悩みがあるとのこと。
何かと聞くと、商売用の2tダンプを買うか、
入会して地中熱の商売(ボランタリーチェーン)をするか、
その相談だった。

すかさず、奥さんが「ダンプはいつでも買えるけど、権利は他社が入ると、私たちはいつまでも下請けから脱却できませんよ!決断しましょう」とおっしゃっていたのを思い出した。

また、この会社の施主である方が小冊子を出しておられる。
タイトルは「デコポンさん家の地熱日記」である。

デコポンさんちの地熱日記

いろいろありがとうございます!
なつかしいなぁ~。今度一緒にH建設のご夫婦と飲みましょうか。
我が家のデコポンは相変わらず小粒です。
デコポンさん家のデコポンは今年も豊作でしょう。
つい、なつかしくてブログにしてみました。

写真=小冊子「デコポンさん家の地熱日記」



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム  @ 2:46 PM 

2018年5月10日

スポーツジムと地中熱

出社するとIT責任者のK君が
「会長ちょっといいですか?嬉しいお話があります!」と
青いTシャツを持って元気良く話してきた。

話を聞くと、富山県の地中熱体感館を活用したスポーツジム「GEO-GYMジオジム)」のスタッフの方々が運動教室で着用するシャツを贈っていただいたそう。シャツには「GEO POWER SYSTEM」のロゴも入っており、とても感慨深いものがある。

ジムは、富山市のGEOパワー施工会員、前田建設株式会社の地中熱体感館とコラボして、地中の健康的な安定した温度の空気に包まれながら運動を行う、身体にも環境にも貢献できるスポーツ施設とのこと。地中熱とスポーツジムは健康という面において相性抜群である。

さっそくいただいたシャツに袖を通し、ジオパワーシステム本部の山口体感館にて久々にストレッチを行ってみたが、運動不足のせいか若いころのようには身体が曲がらない。

ジオジムロゴ入りTシャツ

これを機に少しずつ可動できる範囲を広げ、身体も心も柔軟にしていこう。
ジムを運営するアスレチッククラブ・エスピーホープ様、素敵なシャツをいただき、ありがとうございました!



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:健康,地中熱利用システム  @ 2:29 PM 

2017年9月4日

子供たちの将来は明るい

勉強イメージ

おかげさまで15年前に計画した、学校に自然エネルギーの地中熱を使って、冷暖房の補助を行うシステムが各市町村の学校施設に採用され始めた。
必ずこの時代が来ると信じて関係者一丸となって頑張ってきた甲斐があった。

エネルギーの削減が主眼だが、副産物として教室の空気浄化が大きくとりだたされている。すなわち、空気が熱交換パイプ内を通る時に、空気中のチリやホコリをはじめ、花粉やPM2.5などが水に触れ、カット(浄化)するというしくみである。
自然のフィルターである。パイプ底にたまった水が効果を発揮してくれる。
放射性物質の除去についても立証してみたいが、もしこれが本当に計画通りにいけばノーベル賞ものである。

次世代をになう子供たちがおいしい空気を吸いながら勉学に励む姿が目にうかぶ。
頭は冴え、目はランランと輝き、ヤル気満々の本当の意味のエコスクールである。
ジオパワーシステムで育った子供たちはいろいろな発想が生まれてくるはずである。
子供たちの将来は明るい。

――ガンバレ若人!――



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム  @ 4:17 PM 

2017年7月18日

身近になったノーベル平和賞

イメージ写真

ノーベル賞。
我々庶民には関係は無いものと思っていた。
が、しかし、意外と身近な賞かも知れない、と思い出した。
マータイさん、今回の中国の活動家の劉さん、平和に対しての評価である。
待てよ、我々が今開発・普及させている自然ネルギーの地中熱の有効性の立証は世界のエネルギー革命に値するものである。

ノーベル賞について調べてみた。
アルフレッド・ノーベルはダイナマイトの発明をした人で、多くの人を不幸にした。
代わりに財団を設け、世界中で平和に貢献した人に賞を与えて普及させようとしたのである。
平和賞はノルウェーの国会議員5人がその選考に当たり、表彰される。
いろいろな条件があると思いきや、ただ一つの条件をクリアーすれば良く、その一つの条件とは“生きていること”。
世界初の地中熱換気システムは世界のエネルギー事情を変えて、おいしい空気で病気の予防もできる。
これが普及すると、世界平和に十分貢献できる。

これに目標を定めて、体調を整え、生きていることの条件を満たすために、摂生して長生きするゾ!
そしていつも言っているジャンボ機をチャーターして受賞にのぞみたい。いや、のぞむ。
お世話になった人達と共に。

(※写真はイメージです)



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム  @ 11:47 AM 

2017年7月6日

昔の経験

ドバイイメージ

現在、ドバイとの話し合いが、信用ある知人(コンサルタント)から紹介があり、地中熱換気システムの導入の話がある。ドバイ万博の施設はもちろん、現在整備中のバス停のエアコンの負荷の軽減にどうか・・・とのこと。

2400カ所に最高50℃にもなる気温でだれが考えてもできるはずがない。
しかし待てよ。
小生が若かりし頃、サウジ、バーレーン、ドバイ(その頃は何もない砂漠の荒野)を訪れた経験がある。
夜は気温が下がる。日差も30℃以上もある。湿度も低い。
ならば、私が考案したシステムであれば、年間を通じて賄えるのは半年。あとの3カ月はジオパワーシステムと水を熱交換パイプに噴霧させて直接冷却にて飽和温度まで下げて使い、残りの3カ月(40~50℃)の猛暑時期はエアコンを使えば解決できるではないか。

向こうの人は考え方が違う。
日本人は30℃となれば暑い暑いとさわぐ。
暑くて湿度が高い所は、湿度を太陽で取って解決する秘策を小生持っている。
これが解決すればノーベル平和賞がもらえるだろうか。
もらったら皆を引き連れて、ジャンボ機をチャーターして受賞にのぞもうかな。
夢の夢として不可能ではない。
昔、わるさばかりしてボロ船でドサまわりした効果があらわれて、わるさもまんざらではないな。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:仕事,地中熱利用システム,船乗り時代  @ 10:43 AM 

2017年5月8日

また、暑い夏がやって来た。
汗っかきの性には、たまらんよ。

地球の上を歩く

地球は宇宙に浮いているらしいが、この自転が違えばどうなるのだろう。
真夏と真冬が入れ替わるのだろうか?
こんな考えを持つ、いい歳をしたおっさんが今、地球上の日本の、
そして山口県の長門市にいる。
子供の発想を持った70歳を過ぎたロートルである。
この発想が生まれたのが、地中熱を基本とした
自然エネルギー換気システムの開発に至った約20年も前のことである。

夏の暑いのは当たり前、冬の寒いのは当たり前。
太陽が迷わない限り、夏と冬は続く。
たった80年、暑いからといって嘆くな東光さん。
地球誕生からするとほんの一瞬ではないか!
ジオパワーの家に住んで、少しでも夏の涼と冬の暖を。

おっと忘れていた!
春と秋の快適さも含めて、汗をかこうかな。
辛抱、辛抱。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム,自然エネルギー  @ 5:25 PM 

2017年2月21日

ボランティア

「ボランティア」の意味を調べてみた。
=自分から進んで社会活動などに無償で参加する人。Volunteer。

我々は、自然エネルギーによる第4のエネルギーで省エネ・節エネに努めているが、
エネルギーは作り出すものばかりではない。
省エネ・節エネも発電と同じである。

ボランティアによる地球温暖化防止のための植樹作業も
元気な人はできるが、足腰の弱い人はできない。

(more…)



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。


2014年3月26日

創業の心新たに

renovation

早いもので、ジオパワーシステムを立ち上げて15年。
山口県美祢市にジオパワーシステム本部を建てて12年。
早い様で、短かった。
その間、良きベターハーフもあの世に旅立ち、
天国より、パッシブ地中熱を応援してくれている。
今回、本部1Fを改装して、体感施設をリノベーションしている。
作業をしている社員、業者を眺めていると、この12年が頭の中をよぎる。

愛知万博、日本ブランドをはじめ数々の賞をいただいた。
知人の大会社の社長いわく、「何か裏があるのか」。

何をおっしゃる、見る人が見れば分かる。良いからである。
この世の人の幸せのために開発したシステム。頑張ってくれている。

社員、協力会、会員のために、
そして、天国で応援してくれている亡き女房… 

すべての人達のために頑張ることを
リフォーム作業を一生懸命している人たちを見つめながら
心に深くきざんだ今日この頃である。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:仕事,地中熱利用システム,未分類  @ 4:31 PM 

2013年9月19日

NPOパッシブ地中熱

npo-pasv

待望のNPOの立ち上げが済み、9月10日をもって登記が完了した。
早いもので30で船をおり、31歳で創業して、39年の月日が過ぎた。

奇しくも小生、70歳の誕生日。
しかし、39年経っても“家族の幸せを育む家づくり”への情熱は変わっていない。
SST工法、ジオパワーシステム、ようやく業界に知れる様になってきた。
時代の流れであろう。

亡くなった女房が良く言っていたのを思い出す。
「やることが人より10年早い」

人間そんなに変われるものではない。
命つきるまで、燃えて燃えて、燃えまくり人生でこれからも進む。
少し足が遅くなってきたかもしれないが、
公のために、家族の幸せを育む家づくりのため、GO!



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム,未分類  @ 1:55 PM 

2013年5月25日

テポドン?

ジオパイプ

今回、大型施設用地中熱換気システム用に開発した、
地中に埋設する熱交換パイプである。

その形たるや、北朝鮮のテポドンを連想させる。
しかし、我々は胸を張ってこう主張する。

このパイプは幸せを運ぶ魔法のパイプであると。

空に向ければ、人類に危害を加えるが、
地中に向ければ、エネルギー問題と放射能問題をも
解決するであろう、不思議なパイプである。

世界の核保有国よ、「ミサイル発射」と空に向けずに
地中に向けて、世界の幸せを考えたらどうだ。

幸せのノウハウは教えまっせー。



山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

カテゴリー:地中熱利用システム,未分類  @ 2:16 PM 

次ページへ »



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。