地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter Instagram youtube

コロナ終息、腹案あり



新型コロナウイルス世界に蔓延中!
方向を誤れば人類滅亡にもなりかねない。

ウイルス吸着しかし、よく考えれば、「うがい」「手洗い」「換気」は、我々人間が生きていくために必要な動作である。
石、水、空気をうまく使う事こそ、コロナウイルスやエネルギー対策になるであろう。

太陽や地球の営みにより、発生する自然エネルギー。
人類は原点に返り「うがい」「手洗い」「換気」を日常として行い、その受け皿としてすべての建物に取り付けである、地中熱熱交換パイプ内を通過する際に水のシャーワーリングで花粉やPM2.5はもちろん、ウイルス等の有害物質を取り除いてくれる。

水はすべてのフィルターに勝る」のことわざの通り、水はコロナウイルスや放射性物質をも吸着し、ポンプでパイプ外へ排出してくれるはず。後はその処分を考えればよいのである。
各自治体ごとにこのシステムをつければ、予防ができるはずである。
全国の知事宛には提案資料を郵送済みである。

地中熱をうまく使う国が世界を制すると言っても過言ではない。


記事掲載日:2021年01月13日







前の記事:



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。