地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

日本丸の船長



今は日本の将来を決めるであろう民主党代表選挙の真っ最中である。どちらになっても我々にとっては要するに日本丸の船長としてのしっかりした舵取りを願いたいものである。お互いには一長一短あるが、あまり小さいこと、すなわち重箱の底をつつきあっても仕方のないことである。

我々とすれば、自然エネルギーを国内及び海外に普及させ、環境面、特に省エネ部門での世界のリーダーシップを発揮してもらいたい。その材料としてはジオパワーシステムは充分であるし、世界が認めている政府奨励温度、すなわち、「夏は28℃、冬は18℃」を国が定めれば、エネルギー問題は解決できるはずである。
電気はあまっているはずです。なぜなら、夜間の電力使用を各電力会社は進めているし、割安でもある。最大の増加の民生部門、その中で家庭、業務に分かれるが、ジオパワーシステムはピークのエネルギー消費を削減するシステムなので、発電発電と騒がなくても国が制度を変えるだけで、1990年比の25%削減は民生部門においては可能である。

総理大臣、
やる気でやりましょう!!


山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

記事掲載日:2010年09月13日







次の記事:

前の記事:



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。