地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

ケープタウンでの家族愛



サッカーのワールドカップ(2010年)はスペインの優勝により幕を閉じたことは記憶に新しい。同大会は南アフリカ共和国での開催だったが、同国のケープタウンには、私の船乗り時代、ほのぼのとしたあたたかい「家族愛」の思い出がある。

当時、我々は船で荷物を世界中に運搬していた。ケープタウンで荷役中のことである。
人種差別のひどい国で、当時(昭和40年代前半)は特にひどく、午後3時になると少数人種の白人が黒人部落に向けて大砲の空砲を発射して威嚇していた。最初は驚いたが「なるほど、歯向かうと大砲を撃つ、と脅すのだな…」と知った。

黒人は家族のため、船の内外で一生懸命働いていた。しかし日本人と違い、時間になると(特に昼)、たとえ荷役中であろうが、荷物が宙吊りであろうが、仕事を終えていた。もう数分か続ければ仕事が一段落するのに…。
そして多くの黒人は港の岸壁で、家族や恋人たちと共に楽しく食事の時間に入っていた。決して高価なものではないが、バスケットの中から手作りの食事を楽しんでいたのを思い出す。

このような「忘れかけていたもの」を思い出すと心がほのぼのとする。我々の家づくりの理想の姿である。家族の憩いの場である家造りは、「健康」「安全」「安心」が最優先である。
あの時の家族や恋人たちは今はどうしているだろうか…。幸せであってほしい。


山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

記事掲載日:2010年07月28日







次の記事:

前の記事:



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。