地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

40年前の“夢”よみがえる



先日(14日)久しぶりに、母校の水産高校に東光が登校した。
弟のはからいで私の大好きな天ぷら作りのため、市内の老人?グループに合流した。
初めての参加で多少戸惑ったが、すぐにとけ込んで、言われる通りに動かない体(ノークレ体質※)にムチ打って手伝った。出来立ての天ぷらは最高の味である。昼食時、学校側から出されたのは「あかもく」というホンダワラ系(栄養が多い食材)の海藻らしい。美味しかった!

実は私は30歳で船乗りをやめた時、次の仕事は故郷に帰って海産物を独自に加工して田舎発のビジネスをやるつもりだった。その時代は今の様にインターネットは無かったが、口コミで広めるつもりだった。この「あかもく」を食して、再び火が付いた。世界に一つの鯨墓と安産の神様を結び付けての40年前のロマンが蘇った時間であった。

さて、何がこの男のアイデアを掻き立てるのか分からない。ふと、「寺山にかかる満月光々と遠くに巣立てし我子又見ん」を作って洋上の我が子に手紙した母の1周忌が近づいてきた。

(※ノークレとは、山口県の方言で「怠け者」という意味)


山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

記事掲載日:2015年03月18日







次の記事:

前の記事:



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。