地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter google+ youtube

グランドキャニオンを目指して



私の若いときからの口グセは「日本で通用すれば富士山に、世界で通用すればグランドキャニオンに登る」だった。あの当時は目的が漠然としていて、そう豪語していた。

グランドキャニオンイメージ

亡くなった女房は「あなたは何を言い出すか分からないけど、不思議な人やねぇ…。あなたの言うことは10年経ったらその様になるちゃあねぇー。」とよく、言っていたのを思い出す。
船乗りを30歳でやめ、鉄工業で起業し、独自の軽量鉄骨工法「SST工法」を開発。SはStone(ぐり石=環境)、次のSはSteel(鉄=安全)、そしてTはTimber(木=健康)であり、最初の「S」がジオパワーシステムに進化した。
開発当時は「これを世の中に広めれば、グランドキャニオンの頂上で小便する」と宣言し、周りの者は口をそろえて「何をまた馬鹿なことを…」と言っていた。
しかし、にわかに脚光を浴びながら、このシステムは世界に通用するシステムになりつつある。今、世界中から引き合いが来ている。太陽と地盤と温度差があれば世界中どこでも使える、つまり「エネルギーの地産地消」だ。

我がシステムは幸せを育む家造りの原点。より多くの方に家を建てて健康になってほしいと願う。


山口ブログ ←いつもクリックありがとうございます。

記事掲載日:2010年06月15日







次の記事:

前の記事:



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。