地中熱利用24時間換気システム

GEO Power System TOPページへ
facebook twitter Instagram youtube

パッシブ地中熱開発者ブログ

2021年4月14日

コロナ攻略のヒント

感染症対策

第4波がやってきた。
押せば引く、引けば出る。
空気感染では仕方ないかもしれない。

いつも言っているが、我々は40年前より地中熱換気システムを普及させている小さな会社である。
しかし世界を動かす企業である。
第4のエネルギーと言われている節・省の最たるもの、地中熱の研究の最先端である。
世界中で使える太陽と地球があるかぎり。
偉い人たちは分からないかなぁ。
実験結果はすぐに出る。
製品は完成も実証もされている。
人の命には変えられない。
今すぐにGOである。確実に解決する。

何度も言っているが、生きものでいうところの「うがい」や「手洗い」は
地中熱パイプで行っている。
ワクチンも必要だが実験棟(実証棟)を急ぐべし。
商売気といわずGOである。
必ず結果は出る。

ここにコロナの死滅のヒントあり。



カテゴリー:健康,地中熱利用システム  @ 10:44 AM 

2021年1月13日

コロナ終息、腹案あり

新型コロナウイルス世界に蔓延中!
方向を誤れば人類滅亡にもなりかねない。

ウイルス吸着しかし、よく考えれば、「うがい」「手洗い」「換気」は、我々人間が生きていくために必要な動作である。
石、水、空気をうまく使う事こそ、コロナウイルスやエネルギー対策になるであろう。

太陽や地球の営みにより、発生する自然エネルギー。
人類は原点に返り「うがい」「手洗い」「換気」を日常として行い、その受け皿としてすべての建物に取り付けである、地中熱熱交換パイプ内を通過する際に水のシャーワーリングで花粉やPM2.5はもちろん、ウイルス等の有害物質を取り除いてくれる。

水はすべてのフィルターに勝る」のことわざの通り、水はコロナウイルスや放射性物質をも吸着し、ポンプでパイプ外へ排出してくれるはず。後はその処分を考えればよいのである。
各自治体ごとにこのシステムをつければ、予防ができるはずである。
全国の知事宛には提案資料を郵送済みである。

地中熱をうまく使う国が世界を制すると言っても過言ではない。



カテゴリー:地中熱利用システム,未分類  @ 2:01 PM 

2020年10月13日

見えない壁

約18年前の事。3人の女性が東の方向から光が見えて、光を頼って来たらトーコーハウスの山口営業所にたどり着いたと。
「必ず、今研究中の見えない壁が世界中を救う」と告げて、私の前から姿を消した。愛知万博の1年前の事だった。その目に見えない壁が、何だかわからないまま時日が過ぎて今日に至る。

コロナウイルスをもっと研究しなさいと、亡くなった女房が言っているかの様に道案内している。
ウイルスの蔓延は人類を滅亡させる要因も含まれていると言っても過言ではない。
しかし、難しく考えすぎて本来の姿を忘れてしまっていないだろうか。

 ある有名な大学の先生曰く、「我々は難しく考えすぎてはないだろうか。原点に返りもう少し簡単に、予防できるのではないだろうか?」

私は、科学者ではなく一企業人でありエンジニアである。直感で開発に携わってきた。地球上の汚染空気の浄化(特に建物内)に務めてきた。地中熱採取と同時に水による空気浄化は、何者にも勝る手段であり方法だと思う。あえて私は訴える。ジオパイプは人類を救う!
3人の女神が告げた、「見えない壁」はジオパワーで、私は解決できると確信している。

調べて分かった事だが、我社及び我が家は、今般、世界遺産に指定された「沖ノ島」とはほぼ同じ緯度と経度。北緯34度24分、東経131度であり、これを祭ってある宗像神社は3人の女神を祭ってある神社である。

~信じるか信じないかはあなた次第です~



カテゴリー:未分類  @ 1:22 PM 

2020年7月1日

鯉の営みは地球にも通ずる

“よく食べるなぁ…”
我が家で生まれた金魚アンド鯉の赤ちゃんである。
毎年生まれるが、5~6匹しか残らない。
卵からすると何万、何十万匹は生まれている。
建築で食えんようになったら、鯉屋でもなるか…

おっと、軽く言ったが商売をしている人には失礼しました。
何事も商売にすると難しい。
少し大きくなったら会員の皆様に養子に出しましょうか?

我々はコロナウィルス、アトピー、喘息、熱中症、ヒートショックの防止に貢献し、
花粉症のない地球を望んでいます。

太陽と地球の営みが自然エネルギーを発生している。
その過程を見せてくれないかなぁ。
無理ですか。そうですよねぇ。
自分で解明します。



カテゴリー:未分類  @ 11:40 AM 

2019年11月25日

夢をイルミネーションに

また今年もやってきた。
山口県宇部市ときわ公園冬の風物詩、
光と音楽のファンタジー「TOKIWAファンタジア」である。

今回で確か5回目位になるであろうイベントである。
毎年、この時期になると変化を求めて、賞に参加を検討するように案が出るが、当面の雑用に追われて現状どおりになる。今年こそはと案を出したが、すでに遅しで複雑すぎてまた次年度へ。

しかし、今年は少し違う。ジオパワーの若者3人とNPOのロートル3人と唯一の女性1名のアイデアで、今までと違ったカラフルで、素晴らしいイルミネーションの作品となった。

皆さん、ときわ公園に是非、足を運んでください。
汗と涙の結晶が詰まってますよ。
ただ、1人仕事をせずに指示ばかりのおっさんが、1人椅子に座っていたのが私である。

我々は、大きな目標を持って、このシステムを世界中に広めるために、日々普及活動を励んでいる。
日本テレビ系列の水曜日放送、『同期の桜』の様に揺るぎない夢を持って、私は地中熱を世界中に広めて、人々の幸せのために貢献したいと思っている。
ボランティアのロートルの願いではあるが。
病気ともうまく付き合いながら、新薬の誕生を待ちつつ、運動も日々頑張っている今日この頃である。



カテゴリー:未分類  @ 3:55 PM 

2019年10月21日

サバ読んだな

どうも変である。
女房が亡くなって15年。
10年ぐらい、時間が止まった様である。
いつの間にか75歳を過ぎた。
本人はまだ60歳より若いと思っている。

神様

不思議なものである。
ある日、突然、枕元に神様が現れて、
「東光さん、実はあなたに関して重大なミスをしておった。うっかりあなたの時間を10年の間、進めるのを忘れとったんじゃ。すまんが、10年ほどマイナスしてもらえんじゃろうか」

エェー!どうもおかしいと思った!
こういうことは早く言ってくれないと人生が狂ってしまう。どうしてくれるのか。
問い詰めると、「これからの人生が良い方向に向かうよう、アドバイスをあげよう」とのこと。

結局は何も変わらない。
勘違いの人生。
努力と考え方を変えろとのことだろう。
本当は病気や人の世話になった10年間であった。
残りの人生、100まであと25年、終身現役でがんばるゾー!
頭がおかしくなったのかな。?
不思議な男である。東光という老人は…。

今、ラグビー世界大会、南アフリカ戦が終わった。
良く頑張った!“ベスト8”!



カテゴリー:未分類  @ 2:24 PM 

2019年7月31日

なつかしいお客様

リフォームフェアチラシ

珍しい人に会った。
もうかれこれ30年以上経っただろうか。

電力会社に勤めておられた方で、長門市の会社の寮に奥様とお母様と男の子2人の5人家族で暮らされていたと思う。

「木造でなければ家でない」という考え方が一般的だった時代、弊社自慢の軽量鉄骨造「SST工法」の施工現場を案内させていただいた。自社施工率70%以上の家を見ていただき、自然災害にも強い同工法の良さをしっかりと説明した。

その際、弊社の左官が仕事中、恐縮する奥様に対し「どうぞどうぞ」と案内。その時の態度が気に入られたようで、さらに社員全員が一体となってお客様の大切な財産を守っていることに関心されたとのこと。帰りの車中で「お父さん、決めたら?」と言っていただき、ご契約に至ったことを思い出した。

このK・T氏が、我がトーコーハウスが最近開催した「リフォームフェア」にお孫さんと一緒に来られたのである。
お互いに歳は取ったが、家は当時と変わりなく、30年たってもどこも悪い所はないとのこと。

さすがトーコーハウス!お客様ありがとう。社員の皆、ありがとう。
ちょっとうれしくてPRさせてもらいました。

(写真=リフォームフェアのチラシ)



カテゴリー:未分類  @ 2:21 PM 

2019年5月21日

ブラックホール

宇宙

何でも飲み込むとされているブラックホール。
一体内部はどうなっているのだろうか。
太陽系の何億倍、いやその何億倍とか想像のつかない広さであろう。

それからすると人間の営みなんか一瞬であろう。
その一瞬の百年、千年の中で人類は大きく変化を遂げ、
喜怒哀楽の後にその人生を終えて新たな生命体になるのだろうか。

ワープしてブラックホールに行ったとしても帰れる保険もないし、
夢のまた夢として、人それぞれの人生の中に調和することだろう。

いらんことを考えず、宇宙の発想は専門家にまかせて、
小生はゆっくりと与えられた人生の中に、何かを残したいものである。

後世に役立つ自然エネルギー問題や、
小さい会社が大きく羽ばたくために、
ブラックホールの中のそちらの情報もそっと教えてくださいね。



カテゴリー:未分類  @ 2:34 PM 

2018年12月3日

なつかしいお客様

久しぶりに会員さんのデータを見ていると三重県の会社に目が行った。
このH建設のご夫婦の姿が頭をよぎった。
山口県の本社へ来られた時、私が対応した。
ご主人はこれまでは土木工事を請け負っておられ、
これをもとに独立しようかとの相談であった。
しかし悩みがあるとのこと。
何かと聞くと、商売用の2tダンプを買うか、
入会して地中熱の商売(ボランタリーチェーン)をするか、
その相談だった。

すかさず、奥さんが「ダンプはいつでも買えるけど、権利は他社が入ると、私たちはいつまでも下請けから脱却できませんよ!決断しましょう」とおっしゃっていたのを思い出した。

また、この会社の施主である方が小冊子を出しておられる。
タイトルは「デコポンさん家の地熱日記」である。

デコポンさんちの地熱日記

いろいろありがとうございます!
なつかしいなぁ~。今度一緒にH建設のご夫婦と飲みましょうか。
我が家のデコポンは相変わらず小粒です。
デコポンさん家のデコポンは今年も豊作でしょう。
つい、なつかしくてブログにしてみました。

写真=小冊子「デコポンさん家の地熱日記」



カテゴリー:地中熱利用システム  @ 2:46 PM 

2018年7月9日

夏にウグイス


最初からクエスチョン。
我が住まいは長門市は中山の山のテッペンに仙人のごとく住んでいる。(馬鹿と煙は高い所にあがる)
急な坂道の頂上である。
狭い庭だが、季節の花が時季になると忘れることなく咲きみだれ、畑には栗、柿、グミ、山桃、甘夏、パール柑、サクランボ、プラム、キウイ、キンカン、ミカン、イチジク等が実をつけて小生の胃袋を潤してくれる。

ウグイス・イメージ
(写真はイメージです)

梅の木に春来たウグイスが真夏の今日も鳴いている。
耳をほじくって聞いても「ホーホケキョ」と鳴いている。
確か去年もほとんど一年中鳴いていたはず。
年中ウグイスは鳴くのかな?
それとも例外かな?

文句を云うわけではないが
年間を通して「お疲れ様」である。

朝、この声で元気が出る。
ありがとう。
少しは休んだら?
体をこわすよ。鳥の医者はいないのに・・・



カテゴリー:未分類  @ 3:49 PM 

次ページへ »



橋本 東光(はしもととうこう)
新エネルギー「地中熱」を利用した換気システムを開発。株式会社ジオパワーシステム会長。水産高校卒業後、捕鯨船のキャッチャーボートの機関員として乗り込み、大型貨物船の一等機関士となり船を降りる。その後、漁船などの修理業、鉄工業を経て建築業界に入り現在に至る。「住む人の幸せを育む空間づくり」を第一に考え開発に打ち込み、平成10年、人と環境にやさしい地中熱を利用した天然空調「GEOパワーシステム」を開発。著書に「大地の風~地球で住まいを冷暖房」(文芸社)がある。